×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「日本一の赤字鉄道路線を持つ町」ということで、姉妹都市を締結した町がある。

 福岡県添田町。筑豊炭田で有名な田川市の近くに位置し、現在は、日田彦山線が走っている。

 北海道美深町。北海道北部に位置し、特産のメロンやジャガイモ等の「北海道らしい」野菜が栽培されている。

 この2町は、ある縁で、1981年(昭和56年)に、姉妹都市を締結している。その縁とは「日本一の赤字鉄道路線を抱える町」ということだ。かつて添田町には、旧国鉄添田線が、美深町には旧国鉄美幸線が走っていた。しかし、モータリゼーションと過疎化で、利用客が減り、その2線は、毎年「日本一の赤字」を争っていた。年毎に、「日本一」は変わったが、ほとんどの年を添田線か美幸線が占めていた。(日本一の年は、添田線の方が多い。)

 それが縁で、福岡県添田町と北海道美深町は、1981年(昭和56年)10月9日、姉妹都市を締結。今日も、地域間交流を続けている。

ちなみに、

 添田線と美幸線は、共に姉妹都市を締結した4年後の1985年(昭和60年)に残念ながら廃線となっている。これも何かの縁であろう。

「日本一の赤字鉄道路線を持つ町」ということで、姉妹都市を締結した町がある。60へぇ

第1回・テツビアの泉へ

管理人室へ

トップへ