×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3月9日(日):鳥栖駅

2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正をもって廃止された寝台特急「なは・あかつき」。その最後の1週間を追いました。

 この日、私は始発(415系/佐賀5:38発)の上り電車で鳥栖駅に向かった。列車が着く前から鉄道ファンや地元住民が集まり始めた。列車が着くと、乗客も降りてきて、機関車や分割作業の周りでは、多くの人が盛んにシャッターを切っていた。

 だが、残念だったのは、特に「なは」の24系客車の塗装が一部剥げ落ち、痛々しい姿をさらしていたことだ。最後なのだから、補修して欲しかった。

3月9日(日):鳥栖駅写真館

電光表示。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

これから「あかつき」を牽引するED76形91号機が準備を始めた。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

「なは」が到着した。だが、車体はご覧の通り……。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

方向幕。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

分割作業を見ようと、多くの人がカメラを構えた。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

機関車が連結された。こちらも大人気。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

しっかりと結ばれた連結器。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

出発を待つ「あかつき」。2008年3月9日・鳥栖駅で撮影。

旅行記&特集へ

トップへ