×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

列車編

今年で104回目を迎えた佐賀県西松浦郡有田町で開催されている有田陶器市。今年も多くの列車が「焼き物ファン」を乗せて有田方面へ向かいました。

GWには、有田陶器市臨の他、博多―佐賀間などで臨時特急が運行された。2007年4月30日・佐賀市内で撮影。

787系

 今年も787系が臨時「みどり」として運行された。去年まで、臨時「みどり」では485系も1往復運行されていたが、今年は485系の代わりに787系「有明」編成が走った。485系は、老朽化が進んでいる上に、大分の車両基地から列車を回送する必要があったため、車両の運用を行いやすい787系に置き換えられた可能性がある。

 787系臨時「みどり」2往復のうち、「リレーつばめ」編成を使った列車では、DXグリーン席も利用可能だったため、人気がかなり高かったのではないかと思われる。

 なお、博多―佐賀間の臨時特急「かもめ」でも、787系が運用された。

帰宅する焼き物ファンを乗せて、午後の長崎本線を上る臨時特急「みどり」。2007年4月29日・佐賀市内で撮影。

こちらは佐賀駅に向かう回送列車。佐賀発の臨時特急「かもめ」として運行された。2007年4月29日・佐賀市内で撮影。

783系

 783系は、団臨列車として運行された模様である。

夕方の佐賀市内を上る783系臨時。2007年4月30日・佐賀市内で撮影。

811系

 811系は、今年も快速「有田陶器市号」として、2編成連結の8両で運行された。下り列車で運行されると、しばらく早岐駅構内で休んでいた。下の写真は去年のもの。

永尾駅を通過する811系。2006年5月4日・永尾駅で撮影。

813系

 813系も快速「有田陶器市号」として、2編成連結の6両で運用された。

佐賀市内を走る813系快速「有田陶器市号」。2007年4月29日・佐賀市内で撮影。

415系

 「有田陶器市号」として、1日あたり2往復運行された。うち1往復では、例年通りヘッドマークを掲出して走った。なお、全ての列車が、「有田陶器市」と書かれた専用方向幕を掲げていたのではなく、中には通常の表示の列車もあった。

 なお、4月29日には、国鉄色編成が運用され、ファンにはちょっと嬉しい陶器市臨の幕開けとなった。

肥前山口始発の「有田陶器市号」。茶色い専用方向幕を掲出している。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

ヘッドマーク付きの415系「有田陶器市号」。2007年4月30日・佐賀市内で撮影。

初日に「有田陶器市号」として運用された415系国鉄色。2007年4月29日・佐賀市内で撮影。

「有田陶器市号」専用の方向幕。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

817系

 他線区からの借用はなく、全て定期列車のみの運行だったが、415系などと同様に、陶器市に出かける来場者の重要な足になったのは間違いない。

上有田駅に入線する817系佐世保行き。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

キハ28・58、66・67形

 今年も、大村線経由の臨時快速「有田陶器市20号・21号」が運転され、キハ28・58形も例年通り運用された。編成は、去年同様、有田寄りからキハ66形、キハ67形、本チクのキハ58形(キハ58−716)、同キハ28形(キハ28−2444)で、キハ66・67形は指定席車両、キハ28・58形が自由席車両だった。また、留置線で休む時間を利用し、各駅停車として上有田―早岐間のピストン輸送も行っていた。なお、去年は団体臨時としても運行されていたが、その後に2両が「あそ1962」に改造されたためか、同形式の団臨入線は確認されていない。

上有田駅に到着したキハ28―2444以下気動車4連(各駅停車)。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

長崎寄り2両はキハ66・67形。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

上有田駅停車中。専用のサボも掲出されていた。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

キハ66・67形は、「上有田」幕を表示していた。2007年5月3日・上有田駅で撮影。

大村線を下る快速「有田陶器市21号」。2007年5月3日・長崎県東彼杵郡東彼杵町で撮影。

長崎駅構内に留置されているキハ28・58、66・67形。2007年5月3日・長崎駅で撮影。

キハ47形

 4月29日に、団臨列車として3両が入線したのを確認した。佐賀市内では、ダイヤの関係で、この団臨列車の直後に西唐津行きのキハ47形が運行された。佐賀県内の長崎本線で、気動車が2連続で走るということは、大変珍しいことである。

キハ47−1079以下3連の団臨列車。2007年5月3日・佐賀市内で撮影。

 この他、特急「九州横断特急」で活躍する「キハ185系」も団体列車として入線した。管理人は、5月3日11:30頃、武雄温泉駅の上りホームに回送列車として停車しているところを目撃した。

「2007年有田陶器市臨時列車特集」へ

旅行記&特集へ

トップへ