×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青春18きっぷで行く、東へ!西へ!の旅

これは、関東から九州、四国、中国を股にかけた壮大な物語である。

道後温泉本館(愛媛県松山市)

プロローグ

 私が通う学部には、学部公認のSNS(Social Network Service)がある。機能的にはmixiとよく似ており、日記を書いたり、コメントしたり、仲の良い友達とマイフレンド(mixiで言うマイミク)になったりできる。教授や院生の中にも参加している人がおり、日記を書くと時々教授から真面目なコメントが来ることもある。ただ、参加できるのは学部関係者のみで、基本的に本名でやり取りを行う。

 ある日、私はSNSの日記で青春18きっぷを紹介した。返ってきたコメントを読む限り、意外にも鉄道好きや旅行好きの人が多いことが分かった。中には載せていた途中下車印まみれのきっぷを見て「なかなかイカしているね」と褒めて下さった方もいた。しばらくして、その日記を見た同級生2人から「夏休みにどっか行かへん?」とお誘いが来た。これが、この旅行の発端だった。

 夏休みに入ると、いよいよ旅行が現実味を帯びてきた。いろいろ話し合った結果、旅行期日は2009年(平成21年)8月27日(木)〜29日(土)の2泊3日。使用するきっぷは、当初、「西日本パス」という案も出ていたが、高いため、青春18きっぷに戻った。目的地は、西日本方面。せっかくなので、四国、九州を経由して、瀬戸内海を一周する計画になった。宿泊は、うち1泊がフェリー船内、もう1泊は広島市内のホテルに決まり、ホテルについては予約も難なく取れた。

 お盆も過ぎ、夏の盛りに少し秋の気配が入って来た頃。いよいよ旅行の日が近づいてきた。

本編

@今年3度目の「ムーンライトながら」

A神奈川鉄道物語

B都内ぶらり旅

Cサンライズ瀬戸の夜

D西へ西へ、そして松山

E夜の豊後水道を渡る

F九州北上、そして山陽へ

G広島グルメ旅

旅行記&特集へ

トップへ