×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JR発足20周年記念青春18きっぷで行く、春の四都鉄道物語

春と言えば鉄道旅行。そこで、今回は、広島や京都など“四都”を走る鉄道を旅しました。

プロローグ

 「三都物語」。JR西日本が1992年(平成4年)から実施している観光キャンペーンである。「三都」とは、京都、大阪、神戸を指す。

 「四都鉄道物語」。このサイトの管理人が、広島、京都、大阪、神戸(と、その周辺)の“四都”を巡った時のことをまとめた旅行記である。なお、「三都鉄道」との直接の関係はない。

 本当は、東京方面に行きたかった。茨城県の鹿島鉄道が、2007年(平成19年)4月1日を持って廃止されることを知っていたからである。しかし、旅行予定日の1ヶ月前である2月下旬時点で春休みの補習がいつまで行われるか不透明だったこともあり、なかなか旅行計画が具体化せず、結局分かったときには、大垣発東京行きの上り「ムーンライトながら」は、臨時列車を含めて全て満席だった。おまけに、補習は3月29日まで。九州から大阪辺りまで夜行快速を使って上京するという手も考えたが、31日までに到着可能な列車も既に満席。仕方なく、目的地を京阪神地区に変更した。と言うのも、兵庫県の三木鉄道も廃止が決定されており、こちらもぜひ乗っておきたかったからだ。日程を調整し、往路の夜行快速の指定は通路側ながら何とか確保し、ようやくこの旅行を実現することができた。題して、「JR発足20周年記念青春18きっぷで行く、春の四都鉄道物語」。

本編

@さらば西鉄宮地岳線

A1時間30分の苦行

B広島ローラー大作戦その1

Cヒロシマの叫び

D広島ローラー大作戦その2

E濃霧の朝

F滋賀県内JR全線制覇完了!

G京都、きょうと、キョウト、Kyotoその1

H京都、きょうと、キョウト、Kyotoその2

I初めての三木鉄道、最後の三木鉄道

J三木から神戸、そして大阪

K旅は、そう簡単には終わらない その1

L旅は、そう簡単には終わらない その2

※各ページの容量が非常に大きい為、ダウンロードに時間がかかる場合があります。ご了承下さい。

旅行記&特集へ

トップへ